アルプスシステムインテグレーション株式会社[ALSI(アルシー)]
キーワード検索
キーワード
製品名
カテゴリ
含まないキーワード
カテゴリ検索
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
よく検索されるキーワード
FAQ
タイトル
[IRM]RoboCopyが失敗したり、サーバ上のファイルが開けない/保存できないなど不安定な動作になる
No.4956  日付:2016-12-02 17:00:00

回答 InterSafe IRMをご利用の場合、InterSafeClient導入PC及びアクセスしたネットワークフォルダーなどに
「IRMTMPVOL」、「IRMTMPDIR」という隠し属性のファイルが自動的に作成され、NTFSフォーマットの
フォルダではこれら暗号化に必要な情報が代替データストリーム(ADS)に保存されます。

robocopyコマンドなどで、ファイルサーバのファイルを別のファイルサーバへコピーする際
上記ADS内の「IRMTMPVOL」、「IRMTMPDIR」までコピーしてしまうと、コピー先のファイル
は開けない/更新できないなど不安定な動作になります


このような事象が発生する場合は、ADS内の情報はコピーしないようにしてください。

1. MicroSoft社のサイトより関連KB2646535を入手し、管理者権限で適用します。
    ※ PC再起動が必要です。
    ※ x86用x64用がありますのでご注意ください。
    ・x86用:Windows6.1-KB2646535-v4-x86.msu
    ・x64用:Windows6.1-KB2646535-v4-x64.msu

2. コピーの際、隠し属性のファイルや、代替データストリームをコピー対象から外します
  DCOPY パラメータに「D(代替データストリーム)」を指定しないようにしてください。

   × robocopy /DCOPY:DA  ※デフォルト
    robocopy /DCOPY:A
    robocopy /DCOPY:AT

対象製品 InterSafe IRM/FP
対象バージョン   対象ビルド  
一般情報
アンケートにご協力ください