アルプスシステムインテグレーション株式会社[ALSI(アルシー)]
キーワード検索
キーワード
製品名
カテゴリ
含まないキーワード
カテゴリ検索
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
よく検索されるキーワード
FAQ
タイトル
Windows10のアップデートについて
No.5037  日付:2017-04-19 19:00:00
質問 CATSを導入している端末でCreators Updateを実行すると
アプリケーション規制のトースト通知が表示されなくなりました。

回答
Windows 10 Updateへの対応は以下となります。

・Semi-Annual Channel(Targeted)リリース後、3ヶ月以内での対応を予定しております
・対応完了まではサポート対象外となります

現在リリースされているWindows 10 Updateの対応状況については以下の通りです。

OS Ver.4.4
(Build0447)以前
Ver.4.5
(Build0500)
Ver.4.6
(Build0550)
Ver.4.7
(Build0565)
Ver.4.7
(Build0571)
Windows 10 Version1607(Anniversary Update)
Windows 10 Version1703(Creators Update)
◇1
Windows 10 Version 1709(Fall Creators Update)
◇2
◇2
Windows 10 Version 1803(April 2018 Update)
◇2

■確認されている事象
【◇1】
Windows 10 の端末をnterSafe CATS 4.5 がインストールされている環境で
Windows 10 Version1703(Creators Update)にアップデートを行なった場合、
以下の事象が発生します。

[発生する事象]
特定アプリケーション規制にて、特定アプリケーション規制自体は有効に
機能しますが、クライアント側で下記トースト通知が表示されない。

●トースト通知

[対応方法]
上記の問題については、CATS 4.6(Build 0550)にて対応しています。
CATS 4.6(Build 0550)にバージョンアップしてください。

【◇2】
Windows 10 の端末にInterSafe CATS 4.7 がインストールされている環境で
Windows 10 Version1709(Fall Creators Update)以降にアップデートを行なった場合、
以下の事象が発生します。

[発生する事象]
Windows 10 のログイン画面で「パスワードを忘れたとき」を選択した際に
以下のメッセージが表示される。
※Microsoftアカウントを利用している場合

========
問題が発生しました
後でもう一度実行してください。
========

Microsoftアカウントのパスワードリセット方法はこちらを参照ください。

[発生条件]
HTTPSデコードが有効時、かつHTTPSデコード警告表示を有効にしている場合に
事象が発生します。

[対応方法]
上記問題については以下いずれかの対応をしてください。

・方法① HTTPSデコード警告の表示を無効にする
管理画面[システム管理]-[フィルタリングルール共通設定]-[HTTPSフィルタリング設定]にて、
「HTTPSデコード警告」のチェックを外してください。

・方法② HTTPSデコード除外ホストに対象ホストを登録する
管理画面[システム管理]-[フィルタリングルール共通設定]-[HTTPSフィルタリング設定]にて、
「除外ホスト」に以下のホストを登録してください。

 1.「パスワードを忘れた場合」は以下を除外ホストに登録
        *.pipe.aria.microsoft.com
        storage.live.com
        graph.windows.net
        *.azureedge.net
 2.「PINを忘れた場合」は以下を除外ホストに登録
        account.azureedge.net
        *.live.com
        *.microsoft.com

対象製品 InterSafe CATS
対象バージョン 4.4 , 4.5 , 4.6 , 4.7 対象ビルド  
一般情報
アンケートにご協力ください