よくあるご質問

キーワードから探す

  • FAQ検索
  • ID検索

※スペースで区切って複数検索が可能です。

カテゴリで絞り込む

カテゴリから探す

ID:4109
作成日: 2012/07/27
[ILP]ワークフローログ「処理結果」のステータスについて
ワークフローログの処理結果には、「成功」「抑止」「異常」の3つのステータスがあります。
各内容は、以下の通りです。
  成功 : 各処理(申請、承認、書出し等)の成功ログ
  抑止 : 期限切れ/書出し回数オーバー、書出し対象者ファイルではない、
       「申請済、かつ承認前のファイル」の書出しを実行した等の理由で、抑止された場合に記録されます。
  異常 : システムの例外エラーが発生した場合、何らかの理由でプログラム内の処理の際に、
       ファイルパスやサイズが取得できない場合等に記録されます。

  ファイルの「書出し」は、「成功」の場合のみ可能です(「抑止」、「異常」の場合は書出し不可)。
対象バージョン
 
対象ビルド
 
一般情報
この内容は参考になりましたか?
ご回答いただきまして、ありがとうございます。
今後の参考にさせていただきます。
Powered by i-ask
Page Top