よくあるご質問

キーワードから探す

  • FAQ検索
  • ID検索

※スペースで区切って複数検索が可能です。

カテゴリで絞り込む

カテゴリから探す

ID:4906
作成日: 2016/07/05
[DS] DocumentSecurityClient で発生する問題のログ取得方法

SDSMonitorを利用したログ取得方法について説明します

[ログ採取手順]
1.管理者権限でPCへログインした後、事象発生PCのコマンドプロンプトより以下コマンド
  を実行し、ログ採取を開始します。 C:\Windows\softcamp\sds\SDSMonitor4U.exe /r
  ※SDSMonitor4U.exeが存在しない場合は添付ファイルをを上記フォルダへ置いて実行してください
2.事象を再現させます。稀に発生するものであれば発生するまでそのままPCを利用します。 3.事象再現後以下のコマンドを実行してログファイルを取得します。 C:\Windows\softcamp\sds\SDSMonitor4U.exe /o 4.上記手順で表示されたログファイルをzipなどで圧縮し、弊社サポートまで送付してください。 5.事象発生PCのコマンドプロンプトより以下のコマンドを実行しログ採取を終了します。 C:\Windows\softcamp\sds\SDSMonitor4U.exe /u
○ 再現性のある事象の場合、以下のレジストリを修正する事で、ログを拡張する事ができます。
◆ レジストリの修正箇所
(32bit) HKEY_Local_Machine\Software\softcamp\sdsmonitor\loglevel (64bit) HKEY_Local_Machine\Software\WOW6432Node\softcamp\sdsmonitor\loglevel
◆ レジストリの修正値
値を[ffff] に設定してください。
ログの取得が終わりましたら、[7]に戻してください。
対象バージョン
 
対象ビルド
 
添付ファイル
一般情報
この内容は参考になりましたか?
ご回答いただきまして、ありがとうございます。
今後の参考にさせていただきます。
Powered by i-ask
Page Top