よくあるご質問

キーワードから探す

  • FAQ検索
  • ID検索

※スペースで区切って複数検索が可能です。

カテゴリで絞り込む

カテゴリから探す

ID:1680
作成日: 2020/05/15
フィルタリングサービスの状態表示について
管理画面で確認できる、フィルタリングサービスの状態は、
一時ファイルの値(コード)を参照しています。
それぞれの値(コード)に対する稼動状態は以下の通りになります。

【一時ファイル】
・WindowsOSの場合
   C:\Windows\intersafe\filtering.status

・LinuxOSの場合
   /etc/intersafe/filtering.status

【値(コード):稼動状態】
1:稼動処理中
2:稼働中
3:停止処理中
4:停止中
5:再起動での停止処理中
6:再起動での停止中
7:稼働処理中失敗による停止
8:稼働中の異常停止
9:停止処理中の異常発生での停止中

フィルタリングサービスのポートがlistenしたタイミングで2(稼働中)に
更新されます。データベースのロード完了とは独立しています。

なお、高負荷状態でコントロールサーバが停止してしまった場合や、
通常の停止手順を行わずに kill -9などで強制的に停止した場合、
上記のファイルが更新できない為、ファイルが稼働中を示したままとなり、
起動がうまく行えなくなる場合がございます。

上記ファイルへの更新が行われず、停止中にも関わらず管理画面上は
「稼働中」が表示されることがあります。
対象バージョン
8.5P1以降
対象ビルド
 
一般情報
この内容は参考になりましたか?
ご回答いただきまして、ありがとうございます。
今後の参考にさせていただきます。
Powered by i-ask
Page Top