よくあるご質問

キーワードから探す

  • FAQ検索
  • ID検索

※スペースで区切って複数検索が可能です。

カテゴリで絞り込む

カテゴリから探す

ID:2087
作成日: 2012/07/26
クライアントごと、カテゴリごとの一時解除(オーバーライド)について

一時解除(オーバーライド)ボタンを押して、設定時間内に、同じグループの他のPCから
一時解除(オーバライド)設定したURLにアクセスした場合、閲覧できますか?規制されますか?

また、一時解除(オーバーライド)ボタンを一度押すと、設定時間内は一時解除(オーバーライド)
設定している他のカテゴリのサイトにもアクセス可能となりますが、カテゴリ単位で一時解除
(オーバーライド)規制画面を表示させることはできませんか?

※バージョンごとに用語が異なりますのでご注意ください。
 Ver7.0:オーバーライド、オーバーライドタイマ
 Ver8.0以降:一時解除、一時解除時間


一時解除は、クライアントごとに行われます。IPアドレスもしくはアカウントごとに
一時解除時間が設定されますので、あるPCで一時解除が行われた後、一時解除時間内に
同じグループの別のPCからアクセスがあった場合でも、そのPCに対し規制画面を表示
します。

カテゴリごとに一時解除を使用するには設定が必要です。
管理画面では設定ができないため、設定ファイルを変更します。

■設定方法
<インストールディレクトリ>/conf/proxy.infファイル内の以下の箇所を変更します。

[BLOCK_CFG]
ENABLE_CATEGORY_OVERRIDE=FALSE(初期値)

上記キーの値をTRUE に変更し、フィルタリングサービスを再起動します。

FALSE:一時解除を実行すると一時解除時間中は、一時解除を設定している
    他のカテゴリのサイトへアクセスした際、規制画面は表示されません。
 
TRUE :カテゴリごとに一時解除時間が設けられるため、一時解除を実行した後、
    一時解除を設定している他のカテゴリのサイトへアクセスした場合でも
    規制画面(一時解除ボタン付き)が表示されます。

※設定変更後はInterSafe WebFilterのフィルタリングサービスの再起動が必要です。
対象バージョン
All
対象ビルド
 
一般情報
この内容は参考になりましたか?
ご回答いただきまして、ありがとうございます。
今後の参考にさせていただきます。
Powered by i-ask
Page Top