よくあるご質問

キーワードから探す

  • FAQ検索
  • ID検索

※スペースで区切って複数検索が可能です。

カテゴリで絞り込む

カテゴリから探す

ID:5271
作成日: 2018/12/21
Syslog転送設定について
「Syslog転送設定」を有効にするとISWFのアクセスログ(http.log)を、Syslogサーバに転送できるようになります。
初回のSyslog転送時は、ローテート済のアクセスログも含めて転送が行われます。

■設定項目
Syslog転送
有効にチェックを入れるとSyslog転送が有効になります。
SyslogサーバIPアドレス/ホスト名 ポート
[Syslogサーバ]にIPアドレスまたはホスト名、ポート番号を指定します。
通信プロトコル転送時のプロトコルをTLS、TCP、UDPのいずれかから指定します。
フォーマットログのフォーマットは「IETF」、「BSD」の2種類から選択します。
機能区分[機能区分]には、Syslogのファシリティを指定します。
重大度[重大度]には、Syslogのプライオリティを指定します。

※Build1201では、保存後に管理サービスの再起動を行わないとSyslog転送が有効になりません。
   上記は、Build1202にて修正されています。
   最新のプログラムについてはこちらを参照ください。
対象バージョン
9.0SP1以降
対象ビルド
 
一般情報
この内容は参考になりましたか?
ご回答いただきまして、ありがとうございます。
今後の参考にさせていただきます。
Powered by i-ask
Page Top